Let's発毛!!

男も女も薄毛に悩む人が多い、この日本。様々な治療法やお薬が紹介されていますが、果たして本当に効果のある発毛方法はあるのでしょうか?当ホームページは『発毛』という言葉にポイントを絞って、各方面から集めた情報を定期的に掲載しています。

市販の薬に発毛効果は無い!?

発毛によいとされる市販の薬は、発毛効果が弱いです。
髪の毛を成長させる薬ではなく、抜け毛を抑える薬なのです。
抜け毛が減ればヘアサイクルの乱れが解消するので、相対的に髪が増えてきます。
髪自体を増やすのではなく、抜け毛を減らすことでヘアサイクルを正常にするのが目的です。
薄毛になる兆候として抜け毛の増加があるので、増えたと感じた時点でケアすれば薄毛を抑えることができます。
発毛効果の高さでは、処方薬のほうが格段に上です。
薬とはリスクが高いものほど効果も高いのです。
市販薬はリスクが低い反面、効果も弱いというわけです。
しかし、薬局やドラッグストアで売られているので、誰でも手軽に入手できるのは魅力でしょう。
育毛剤と比べると効果は高いので、抜け毛を早めに止めたい方にはおすすめです。
発毛剤のほとんどは男性用ですが、これは男性のほうが薄毛の症状が重たいからです。
女性は男性ホルモンの影響を受けにくく、老化現象の一環として薄毛が生じることがあります。
男性の薄毛よりも改善はずっと簡単なので、効果がマイルドで副作用の弱い育毛剤が使用されることが多いのです。
薄毛の予防対策としては、市販の発毛剤は大いに役立ちます。
積極的に発毛するためには、医療機関で発毛治療を受けるのが一番です。
家庭で行える対策は薄毛予防なので、薄毛に気づいた時点で対策することが大切です。
放置しておくほど薄毛は進行し、改善するのが難しくなるのです。
抜けてしまった髪を復活させるよりも、抜けないように守るほうが何倍も効果的ですしお金もかかりません。
薄毛対策で一番大切なことは、薄毛を自覚することにあります。
まだ大丈夫と放置しておいて治ることはまずありません。