Let's発毛!!

男も女も薄毛に悩む人が多い、この日本。様々な治療法やお薬が紹介されていますが、果たして本当に効果のある発毛方法はあるのでしょうか?当ホームページは『発毛』という言葉にポイントを絞って、各方面から集めた情報を定期的に掲載しています。

発毛と剛毛と頭頂部について

発毛のために医薬品を使用することで、薄毛への悩みにもアタックすることができます。その反面で、医薬品により副作用が出ることもあります。医薬品を服用したことで、剛毛へと変化するのではないかといった不安もあるようです。

発毛治療のためにプロペシアを服用することがありますが、プロペシアの副作用で、剛毛化の不安を持つようであれば、それは不毛な心配です。プロペシアが発揮するのは、男性ホルモンDHTの過剰な生産の抑制です。直接的に発毛へと働きかけるわけではないため、剛毛というのも考えにくい話なのです。

5αリダクターゼは頭皮の、頭頂部や前頭部に存在します。プロペシアを毎日決められた量を服用することによって、頭頂部や前頭部の5αリダクターゼの働きを阻害することになります。5αリダクターゼは胸毛やすね毛には存在していません。ですからボディへのフィナステリド作用は考えられないことなのです。

もしも医薬品の服用で体毛への影響を与えるとしても、体毛の薄かった人が、いきなり毛深くなるといったことはないのです。発毛のための医薬品はいろいろありますが、その中でもプロペシアは、比較的副作用の少ない内服薬でもあります。頭頂部の薄毛を気にするなら、改善の手助けとなってくれます。

しかしミノキシジルの場合は、剛毛化の可能性は否定できません。血管の拡張作用をもっているミノキシジルは、内服したり、直接塗布したりして治療に役立てます。体中に成分が行き渡って、栄養供給を順調にして発毛を促進させる作用が働きます。それは頭頂部などの頭皮だけではなく、全身へ行き渡ることになります。その影響を受けることによって、胸毛やすね毛などの体毛が増加して、剛毛となることも考えられるのです。